食べ物

チョコレートダイエットに成功する方法!効果的な食べ方や量は?

投稿日:

136690cc79378b0d790d44918c011470_s

みなさんチョコレートダイエットはご存知でしょうか?

 

チョコレートなんて食べたら、
逆に太ってしまうようにも思えますよね。

 

もちろん闇雲にチョコレートを食べていては太ります。

 

しかし、正しい方法で行えば痩せることができるんです!

 

実際、このチョコレートダイエットを実践して、

1週間で体型が変わってきた!

という方もいらっしゃいます。

 

とはいえ、なぜチョコレートでダイエットできるのか疑問に思われる方も多いのではないでしょうか?

 

そこでチョコレートでダイエットできる理由とともに、
効果的な摂取方法や正しいやり方を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

チョコレートがダイエット効果をもたらす理由

カカオ

そもそもチョコレートを食べてなぜ痩せられるのでしょうか?

 

その秘密はチョコレートに含まれる

カカオポリフェノール

にあります。

 

ポリフェノールといえば、
抗酸化作用に優れた成分で、
アンチエイジング効果をもたらす成分として知られていますよね。

 

では、具体的にチョコレートに含まれるポリフェノールがどういう効果をもたらすのかというと、

  • 血流を良くして新陳代謝を良くする効果
  • 豊富な食物繊維による便秘解消効果
  • 血糖値の上昇により食欲を抑制してくれる効果(満腹中枢が刺激される)
  • ストレスを緩和する効果

などのダイエット効果が期待できると言われています。

 

さらに、他にも

  • アトピーや花粉症などのアレルギー・リウマチを予防する効果
  • 動脈硬化を防いだり、血圧を下げる効果
  • 活性酸素除去して肌の老化を防ぐ美肌効果
  • 脳を活性化する効果

など嬉しい効果も期待できます。

 

よく「チョコレートを食べるとニキビができる」と言われますが、
それはチョコレートに含まれる砂糖によって引き起こされるものです。

 

チョコレートそのもの自体は、
ダイエット効果だけでなく、美肌効果にも優れた食材だと言えるのです!

チョコレートダイエットとは?

チョコレート

チョコレートダイエットとは、文字通り

チョコレートを食べて痩せよう

というダイエット方法になります。

 

一般的な考えでは、チョコレートとは間食(おやつ)と思いますよね。

 

なのでチョコレートのダイエット効果を聞いたといえど、

「おやつ(チョコレート)を食べていては逆に太るのではないか?」

と心配する方もいらっしゃることでしょう。

 

確かに、チョコレートはチョコレートでも
普通の人がおやつ代わりに食べるような

砂糖が多く使用されているミルクチョコレート

では効果は期待できませんので注意してください。

 

チョコレートダイエットを成功させるためには、

  • 選ぶチョコレートの種類
  • 1日に食べる摂取量
  • 食べるタイミング

が重要なのです。

 

そこでチョコレートダイエットの正しい方法を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

チョコレートダイエットの正しい方法

チョコレート

チョコレートダイエットの正しいやり方のポイントは下記3つとなります。

  • チョコレートはカカオ含有量が70%以上のものを選ぶ
  • 1日に食べる目安量は板チョコで言うと約半分の量(50g前後)
  • 食べるタイミングは食前か食後
  • 一気に食べずに、小分けに少しずつ時間をかけて食べる

それぞれについて詳しく解説しますね。

カカオ含有量が70%以上のものを選ぶ

チョコレートはカカオ含有量が70%以上の高カカオチョコレートを選んでください。

カカオの含有量が増えれば増えるほどダイエット効果は高まりますが、
その分、味は苦いものになります。

 

ダイエットではストレスなく続けることも重要になりますので、
無理なく続けられるものを選びましょう!

1日の摂取量は50g前後

1日に食べるチョコレートの摂取量は

50g前後(板チョコの半分)

に抑えるようにしましょう!

 

高カカオのチョコレートといえど、

カロリーは決して低くはありません。

 

食べ過ぎれば、太りますので気をつけてください。

食べるタイミングは食前か食後

食べるタイミングは食前食後に食べるようにしましょう!

 

なぜ食前か食後が良いのかと言うと、

チョコレートを食べると血糖値が上昇するので食欲が抑えられる

からです。

 

食前に食べると、その後の食事の食べ過ぎを防止してくれます。

食後に食べると、食事をした後の物足りなさを解消したり、
その後の間食を防いでくれる効果が期待できます。

 

どちらかお好みの方で構いませんが、
一般的には食前に食べる方法が推奨されています。

 

また小腹が空いた時に、間食する代わりに一欠片食べるというのもアリだと思います。

チョコレートが食欲を抑制してくれるので、
余計なものを食べずに済ませることができます。

ただし、その際は食べ過ぎないように注意してください。

食前に食べる場合、食事を行う10分以上前(できれば20分前)に食べると効果的です。

そうすることで、満腹中枢が刺激されるので、自然と食欲が抑えられます。

小分けにして少しずつ時間をかけて食べる

チョコレートを食べる際は、一度に食べるのではなく、
小分けにして少しずつ時間をかけて食べるようにしてください。

 

具体的には、朝食・昼食・夕食の食前に食べるとすると、

1回の量は板チョコ6分の1の量(17g)ぐらい

となります。

 

また時間をかけてゆっくりと食べることで、
より満腹感が得られます。

チョコレートダイエットを行う際の注意点

チョコレートダイエットを行う際は、以下の注意点を踏まえた上で実践してください。

  • 1日の摂取量は適切な量(50g)を守る
  • 栄養バランスの良い食事を摂る
  • 摂取するカフェインの量に気をつける

それぞれについて詳しく解説します。

1日の摂取量は適切な量(50g)を守る

1日に食べるチョコレートの量は必ず50g程度までにしてください。

 

ダイエット効果のある高カカオチョコレートなら食べて良いのではと思うかもしれませんが、

実は高カカオチョコレートは、カカオの含有量が多いので、

普通のチョコレートよりも脂質が1.2~1.5倍多く高カロリー

なんです!

 

100gあたりのカロリを比較すると下記の通りです。

  • 明治ミルクチョコレート:約558kcal
  • 明治カカオ95%チョコレート:約603kcal

 

カカオがダイエット効果をもたらすといえど、
普通のチョコレートよりもカロリーが高い分、
良い気になって食べ過ぎれば太ります。

 

少し多く食べすぎる程度であれば問題ありませんが、
必ず適切の量にとどめるようにしましょう!

栄養バランスの良い食事を摂る

当然ですが、チョコレートだけでは、1日に必要な栄養素を十分に補給することができません。

 

栄養を十分に補給しないで痩せてしまうと、

リバウンドしやすい体質

になってしまいます。

 

なので、長い目でみてダイエットに成功するためにも、
無理な食事制限は絶対にしないようにして、
栄養バランスの良い食事を心がけるようにしてください。

摂取するカフェインの量に気をつける

高カカオチョコレートには普通のチョコレートよりもカフェインが多く含まれています。

 

カフェインには脂肪燃焼効果があり、
適量摂取する分にはむしろダイエットの味方なのですが、
過剰に摂取してしまうと中毒が起きる可能性もあります。

 

カフェイン中毒は滅多に起きませんので、
心配になりすぎる必要はありませんが、
カフェインを含む薬を飲んだり、
コーヒーを飲むのが好きな方は少し気にするようにしてください。

まとめ

チョコレートダイエットの正しい方法は、

  • チョコレートはカカオ含有量が70%以上のものを選ぶ
  • 1日の摂取量は板チョコ約半分の量(50g前後)
  • 食べるタイミングは朝食・昼食・夕食の食前か食後
  • 一度に食べずに少しずつ時間をかけて食べる

となります。

 

注意点をしっかりと踏まえた上で正しく実践し、ダイエットに成功しちゃいましょう!

スポンサーリンク

口コミで高評価のダイエット食品

酵水素328選 生サプリ

たんぽぽの二人が10キロ以上のダイエットに成功した生酵素サプリ

328種類の生酵素、水素パウダー、沖縄黒糖を配合

タレントの橋本マナミさん、AKINAさんも愛用中

初回3142円(いつでも解約OKの定期コース)

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

ぺこが10キロのダイエットに成功したフルーツ青汁

4種の国産青汁原料、181種の酵素、3種の美容成分を配合

1食11.7kcalなのに甘いフルーツ味

初回680円(5回以上の継続が条件)、全額返金保証あり

マイブレイク レッドスムージー

くみっきー(舟山久美子)プロデュースのレッドスムージー

230種類の酵素、150億個の乳酸菌、チアシード配合

1杯19.8kcalでバナナヨーグルト味

初回980円(いつでも解約OKの定期コース)、全額返金保証あり

-食べ物

Copyright© ダイエット方法集 , 2017 AllRights Reserved.