豆乳バナナダイエット方法は太る?効果の口コミやカロリー、レシピを紹介

食べ物

豆乳バナナダイエット方法は太る?効果の口コミやカロリー、レシピを紹介

投稿日:

豆乳バナナダイエットとは、「豆乳」と「バナナ」をシェイクしたものを飲むダイエット方法です。

豆乳とバナナは健康に良いというイメージがありますが、ダイエット効果があることまではあまり知られていないのではないでしょうか。

 

実はこの2種類の食材はとても相性が良く、同時に摂取することでダイエット効果を高めることができます。

では、豆乳バナナダイエットはどのように行うことが効果的なのでしょう。

 

この記事では、豆乳バナナダイエット方法について、作り方や飲むタイミングを始め、効果効能、太ることはないのか、口コミやカロリーを紹介します。

また豆乳バナナスムージーなど美味しく続けるアレンジレシピもまとめました。

豆乳バナナダイエットとは?

豆乳バナナダイエットとは、豆乳とバナナを合わせて飲むダイエット方法です。

ミキサーで混ぜるだけで簡単にできるため、忙しい朝食替わり飲んだり、置き換えダイエットとしても使用できます。

また、食前に飲むことでその後の食欲を減らす効果が期待できます。

豆乳とバナナは栄養面や味の相性も良く、アレンジも簡単にできるため、美味しく健康的にダイエットができると人気の高いダイエット飲料です。

なぜ「豆乳」と「バナナ」なの?この組み合わせの理由

豆乳とバナナはとても相性が良い食材です。

 

豆乳には満腹中枢に働きかけ食欲を制御する成分やタンパク質が豊富ですので、美しく痩せる体を作ることが可能です。

バナナは即座にエネルギーに変換されますし、食物繊維が豊富に含まれていまるため、腹持ちが良く腸内環境改善の効果も期待できます。

 

また、女性に嬉しい効果として生理前のイライラやストレスにも効果が期待できるため、生理前に飲むことで不快感や体重増加を抑制することも可能です。

もちろん味の相性も抜群で、バナナシェイクやバナナオレのさっぱり版と言ったところでしょうか。

 

小松菜などの野菜を入れれば、グリーンスムージーにも早変わりするのでアレンジ次第で好みの味を見つけることや、飽きにくくできることも魅力豆乳バナナダイエットの魅力の一つです。

豆乳バナナのダイエットへの効果効能

豆乳とバナナには、ダイエットにどのような効果が期待できるのでしょうか。

ここでは、豆乳バナナがダイエットに良いとされる効果効能を紹介します。

腹持ちが良い

バナナに含まれる果糖は、ゆっくりと体内でエネルギーに変換されるため、血糖値の急激な上昇を防ぎ腹持ちが良いとされています。

豆乳を入れることで更に満腹感が得られ、その後の食欲を抑えることが可能です。

高タンパク

豆乳の元となっている大豆は、非常に高タンパク質な食材です。

タンパク質は美しい筋肉を作るのに欠かせません。

また、大豆タンパクには余分な脂肪を体外へ排出する働きがあります。

そのため、脂肪がつきにくく、太りにい体を作ることができます。

むくみ解消効果

カリウムには、余分な水分やナトリウムを体外へ排出する働きがあります。

そのため、高血圧の予防やむくみ解消の効果があると言われています。

抗ストレス効果

セロトニンやマグネシウム、イソフラボンには情緒を安定させイライラを抑えてくれる抗ストレス作用が期待できます。

また、イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きを持つことから、生理前のイライラなど女性特有の症状を緩和してくれる効果もあるそうです。

ダイエット中は何かとストレスが溜まりやすいので、とても嬉しい効能です。

脂肪燃焼、基礎代謝アップ効果

豆乳に含まれているサポニンという成分には、血液中の余分なコレステロールや中性脂肪を洗い流してくれる作用があるため、ダイエットに効果的だとされています。

また、サポニンには小腸での脂肪吸収を抑える働きや、抗酸化作用により動脈硬化予防や体のサビ付きを予防するアンチエイジング効果も期待できます。

腸内環境改善効果

バナナには食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維には水溶性食物繊維と非水溶性食物繊維の2種類があり、これらをバランス良く摂ることで腸内環境改善効果がを得ることができます。

バナナにはこの2種類の食物繊維が豊富に含まれているため、便秘解消を始め腸内環境改善の効果が期待できます。

豊富なビタミンB群

ビタミンB群は、疲労回復、肌荒れ予防、糖分分解、タンパク質の吸収を助ける働きがあります。

また、ホルモンバランスを整える効果もあるため、月経前緊張症(PMS)の緩和にも効果があるとされています。

代謝を上げる働きもあるビタミンB群は、脂肪の燃焼を促進する働きも兼ね備えています。

豆乳バナナダイエットの方法

実際に、豆乳バナナダイエットはどのように行うと効果が得ることができるのでしょうか。

ここでは、豆乳バナナの基本的な作り方や、飲むタイミング、回数を紹介します。

作り方

豆乳バナナの基本的な作り方を紹介します。

[材料]

バナナ:1本

豆乳:100ml~200ml

作り方は簡単、バナナを適当な大きさにちぎり、豆乳を加えてミキサーで混ぜるだけです。

カロリーを抑えたい場合には、カロリーを抑えた豆乳や、無調整豆乳を使用すると良いでしょう。

飲むタイミング、回数

豆乳バナナを飲むタイミングは、食事の30分前がおすすめです。

食前に飲むことで、満腹感が得られその後の食事を減らす効果が期待できます。

 

置き換えダイエットには、エネルギーが一番必要な朝がおすすめです。

バナナはすぐにエネルギーに変換されるため、朝の栄養補給にはうってつけの食材です。

朝忙しく、ご飯を抜いてしまう方にもおすすめです。

短時間で作れますし、すぐにエネルギーに変換されるため活発的に活動できるほか、腹持ちが良いため昼食までの空腹感を感じにくくしてくれます。

 

注意点としては、バナナや大豆は摂り過ぎることも良くないため、1日の摂取量は1杯~2杯にとどめましょう。

また、ある程度糖質がありますので、寝る前や夜遅くに飲むのことはあまりおすすめできません。

豆乳バナナは太ることはない?気になるカロリーは?

豆乳コップ1杯(200ml)のカロリーは約128キロカロリー、バナナ1本は85~128キロカロリー(大きさにより変動)です。

2つ合わせても250キロカロリー未満と、以外と低カロリーです。

このカロリーは、ご飯1杯よりも少ないことになります。

 

しかし、まったくカロリーがないわけではありませんし、ある程度のエネルギー(糖質)も含まれています。

そのため、低カロリーだからと制限なく飲んでしまうと、場合によっては太ってしまう可能性もあります。

 

バナナや豆乳は摂り過ぎると健康にも良くないため、1日に1杯~2杯を限度にしましょう。

豆乳バナナダイエットの効果は?気になる口コミ紹介

豆乳バナナダイエットは、果たして本当に効果があるのでしょうか。

気になる口コミを紹介します。

豆乳バナナダイエットの口コミは、

「とにかく美味しいから長続きする」「腹持ちが良い」「健康に良い」

という意見が多く見られました。

ダイエットをしている方の口コミは、豆乳バナナダイエットのみを行っているというよりも、食生活全体を調整しながら豆乳バナナを摂り入れているという意見が多く見られました。

普段の食生活のダイエットサポート役として、豆乳バナナは活躍しているようです。

豆乳バナナスムージーなどのアレンジレシピの作り方を紹介!

毎日飲むことが大切な豆乳バナナですが、毎日同じレシピだとマンネリして飽きてしまいがちです。

そこで、忙しい朝でも簡単に作れるものから、美味しいスイーツまで、豆乳バナナを使ったアレンジレシピの作り方を紹介します。

是非参考にしてみてください。

豆乳バナナデトックススムージー

[材料]

  • バナナ:1本
  • 豆乳:100g
  • すりごま:2g
  • はちみつ:大さじ1
  • オリーブオイル:大さじ1

(出典:クックパッド

[作り方]

  1. ミキサーにバナナ、すりごま、オリーブオイル、はちみつ、豆乳を入れる
  2. 滑らかになるまで混ぜたら完成

同じ味に飽きてしまった際におすすめです。

ごまやはちみつ、オリーブオイルは栄養価も高くヘルシーな食材ですので、ダイエット時の栄養補給にうってつけです。

ホット豆乳バナナスムージー

[材料]

  • バナナ:1本
  • 豆乳:100ml
  • ヨーグルト(飲むヨーグルト):100g(100ml)

(出典:クックパッド

[作り方]

  1. バナナはちぎってミキサーに入れる
  2. 1に豆乳、ヨーグルトを入れ混ぜる
  3. 耐熱カップやマグカップに移し、レンジ(600w)で30秒ほど温めて完成

ヨーグルトの入ったスムージーは、乳酸菌も摂ることができ、腸内環境改善効果が更に高まります。

また、ホットで飲むことで体も温まり、血行を良くすることもできるため、寒い日には特におすすめです。

おから豆乳バナナケーキ

[材料]

  • バナナ:3本
  • おからパウダー:50g
  • 卵:2個
  • 豆乳:100㏄
  • オリーブオイル:30㏄
  • ベーキングパウダー:5g
  • きなこ:10g
  • てんさい糖:10g

(出典:クックパッド

[作り方]

  1. きなこ、てんさい糖以外の材料をボールに入れ、泡だて器で混ぜる
  2. オーブンを180度に予熱し、クッキングシートを敷いて生地を入れる
  3. 上にきなことてんさい糖を振りかける
  4. オーブンの予熱が終わったら180度で40分焼く

飲むだけでなく、スイーツとして食べることのできる豆乳バナナは、ダイエット中のおやつに最適です。

おからを使用しているので低カロリーに仕上げることができるほか、満腹感も得やすい食材です。

カロリーが気になる方は、てんさい糖などを控えめにすることでさらに低カロリーに仕上げることが可能です。

豆乳バナナのグリーンスムージー

[材料]

  • 小松菜:3束
  • バナナ:1本
  • みかん:1個
  • 豆乳:200㏄

(出典:クックパッド

[作り方]

  1. みかんは薄皮やすじをとらずに使用すると食物繊維がより摂取できるためおすすめ。
  2. みかんは丸ごと、バナナはちぎる、小松菜は4分の1にカットしてミキサーに入れる
  3. 豆乳を入れてミキサーで混ぜれば完成

小松菜を入れることで、不足しがちなビタミンも補うことができます。

みかんはない時は入れなくても美味しく飲めるようです。

さっぱりした後味ですので、こってりした味が苦手な方にもおすすめです。

豆乳バナナプリン

[材料]

  • 豆乳:400㏄
  • バナナ:2本
  • てんさい糖:大さじ1(お好みで調整してください)
  • ゼラチン:5g
  • 水:300㏄

(出典:クックパッド

[作り方]

  1. 耐熱容器にゼラチンを入れ水でふやかす
  2. 豆乳を半分入れレンジで加熱してゼラチンを溶かし、泡だて器でよく混ぜる
  3. ミキサーに豆乳、バナナを入れ混ぜる
  4. 1の中に入れ、よく混ぜる
  5. 容器に入れ、冷蔵庫に入れ冷やし固めれば完成

簡単にできるプリンも、豆乳とバナナでできているので低カロリーで安心して食べることができます。

また、卵や牛乳を使用しないのでアレルギーのある方でも食べることができます。

てんさい糖を控えれば、更にカロリーを抑えることが可能です。

市販の豆乳バナナスムージー

豆乳バナナスムージーは市販もされていますので、手作りが面倒な方は市販のもので代用されると良いでしょう。

さいごに

豆乳バナナダイエットは、美味しくて腹持ちも良いことから、女性を中心に人気の高いダイエット方法です。

簡単に作れ栄養も満点なため、置き換えダイエットとしても活用することができます。

ただし、飲む時間や飲みすぎは栄養の過剰摂取やカロリーの摂り過ぎに繋がりますので、注意が必要です。

また、豆乳バナナダイエットだけで痩せることは難しいため、適度な運動や食生活の見直しも大切です。

豆乳バナナダイエットは、正しく飲むことで美しく綺麗な体を作りを手助けしてくれる、美味しいダイエット食です。

あわせて読まれている人気記事

-食べ物

口コミで高評価のダイエット食品

酵水素328選 生サプリ

たんぽぽの二人が10キロ以上のダイエットに成功した生酵素サプリ

328種類の生酵素、水素パウダー、沖縄黒糖を配合

タレントの橋本マナミさん、AKINAさんも愛用中

初回3142円(いつでも解約OKの定期コース)

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

ぺこが10キロのダイエットに成功したフルーツ青汁

4種の国産青汁原料、181種の酵素、3種の美容成分を配合

1食11.7kcalなのに甘いフルーツ味

初回680円、全額返金保証あり

マイブレイク レッドスムージー

くみっきー(舟山久美子)プロデュースのレッドスムージー

230種類の酵素、150億個の乳酸菌、チアシード配合

1杯19.8kcalでバナナヨーグルト味

初回980円(いつでも解約OKの定期コース)、全額返金保証あり

Copyright© ダイエット方法集 , 2018 AllRights Reserved.