生活習慣

深い睡眠に驚きのダイエット効果!眠りの質を高めて熟睡する方法

投稿日:

%e5%a5%b3%e6%80%a7%e7%9d%a1%e7%9c%a0

睡眠にダイエット効果があることはご存知でしょうか・・・?

 

「そんなこと信じられない!」という方も多いかと思います。

だって寝ているだけで痩せれるなんて夢のような話ですもんね・・・笑

 

しかし、実は最近の研究で

睡眠にダイエット効果があること

が明らかになっています。

 

とはいえ、

なぜ寝ているだけでダイエット効果があるのか?

と腑に落ちませんよね?

 

そこで睡眠によってもたらされるダイエット効果について解説するとともに、
具体的な睡眠ダイエットの方法も紹介していきたいと思います。

睡眠によってもたらされる効果

睡眠によってもたらされる効果は大きく分けて以下の4つが挙げられます。

  • 回復効果(疲労回復・老化防止・美肌効果)
  • カロリー消費効果
  • 胃腸の働きを活発にする効果
  • 食べ過ぎ防止効果

それぞれについて詳しく解説しますね。

回復効果

まず当然ですが睡眠には私たちの体を回復する重要な役割を担っています。

 

回復と一言で言っても、

  • 疲労回復効果
  • 老化防止効果
  • 美肌効果

など様々な効果につながってくるので、睡眠によってもたらされる回復効果は絶大なものであると言えます。

 

さらに実は回復できるのは、表面的なものだけではありません。

 

というのも、最近の研究により

睡眠には脳に溜まった老廃物排除し、脳機能を回復させる役割があること

も明らかとなっているんです!

 

脳を回復させる方法は睡眠しか手段はありませんので、
睡眠は私たちが生きていくためには必要不可欠な行為だと言えるのです。

カロリー消費効果

続いて睡眠を取ると、カロリー消費・脂肪燃焼効果がもたらされます。

 

そもそも睡眠中も心臓や各臓器は動いていますので、
当然ですがカロリーは消費されています。

 

一説によれば、質の高い睡眠を1回取ると300kcal消費されていると言われています。

 

しかし、重要なポイントはもう一つ別の点にもあります。

 

それは睡眠を取ると、

脂肪分解作用のある成長ホルモン

が分泌されるということです。

 

成長ホルモンは、私たちの代謝を良くしてくれる非常に重要なホルモンです。

これは1日に消費されるカロリー量が増えるということで、
すなわち

私たちの体を太りにくく痩せやすい体質に変えてくれる

ということを意味します。

 

これはダイエットにおいて、非常に重要なことですよね。

 

また成長ホルモンは美肌・若返り効果などももたらしますので、
綺麗に痩せるために睡眠は欠かせないものだと言えます。

胃腸の働きを活発にする効果

正しい睡眠を取ると、自律神経の乱れが改善され胃腸の働きが活発になります。

 

すると摂取した食べ物からの栄養の吸収も良くなるので、
余分な脂肪が体に溜まりにくくなります。

 

また胃腸の働きが良くなれば、
老廃物の排出が活発になり、
代謝が上がることにもつながります。

食べ過ぎ防止効果

最後に、睡眠は食べ過ぎを防止する効果をもたらしてくれます。

 

というのも、睡眠を取るとレプチンと呼ばれるホルモンの分泌量が増えます。

そして、このレプチンは満腹ホルモンとも呼ばれていて、

満腹感を増進し、食べ過ぎを防いでくれるホルモン

なんです!

 

食べ過ぎなければ、自ずとダイエット効果につながってきますよね。

 

しかも無理な食事制限ではなく、

「もう満腹で食べれれない・・・」

という感覚で食べる量が減るので、無理なくダイエットすることができます。

 

ちなみに、このことは研究成果でも証明されており、
ペンシルベニア大学が発表した内容によれば、

睡眠時間が4時間に限られた日は10時間睡眠を取った日と比べ、平均550キロカロリー(グレービーをかけていない約450gのターキーの4分の3に相当)を余計に摂取していたことが確認された

(出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/

とのことでした。

 

500キロカロリーを毎日減らせれば、どれだけのダイエット効果につながるか・・・

 

試さない手はないですよね。

満腹ホルモンを増やす方法は睡眠の他にもあります。
その方法について詳しくは下記記事をご覧下さい。
食べて寝るだけダイエット!満腹ホルモンのレプチンを増やす方法

睡眠ダイエットのやり方

では睡眠ダイエットの具体的なやり方はどんな方法でしょうか?

 

その方法は

質の良い睡眠を7時間半~8時間取ること

になります。

 

寝る時間については

22時〜5時の間に寝ていること

ベストになります。

これは成長ホルモンが多く分泌される時間がこの時間だとされているからです。

 

ただ最も重要なのは寝ている時間なので、
どうしてもという場合、寝る時間に関しては気にしなくても構いません。

眠りの質を高めて熟睡する方法は?

質の良い睡眠を7時間半~8時間取る

この言葉だけ見れば、超簡単に見えますよね?

 

しかし問題は、

質の良い睡眠はどのようにすれば取れるのか?

ということになります。

 

「眠りたいのに寝ようと思っても中々寝付けない」
「やっと寝付けたと思ったら、眠りが浅くて目が覚めちゃう」

 

そんな悩みを抱えた方のために、質の良い睡眠を取るために効果的な方法を紹介していきます。

寝る前にスマホやテレビを見ない

睡眠

まず寝る前にスマホやテレビなどは見ないようにしましょう!

 

睡眠の効果を高めるためにはメラトニンというホルモンの働きが重要になりますが、スマホのブルーライトなどはその分泌を阻害してしまいます。

 

またスマホやテレビを観ることでダラダラと時間を過ごしてしまい、睡眠時間そのものが削られてしまう可能性があります。

 

出来れば寝る前の1〜2時間は観ないようにしましょう。

寝る3時間前の間に食事を摂らない

%e5%a4%95%e9%a3%9f

2つ目に少なくとも寝る3時間前ぐらいまでに食事を済ませるようにしましょう!

 

食事をすると胃に血液が集まり、
消化活動が活発化され、
身体が興奮状態になります。

 

これにより寝付きが悪くなり、質の良い睡眠が取りにくくなってしまうのです。

 

仕事などでどうしても食事時間が遅くなってしまう方は、
脂物など消化の悪い食べ物を避けるといいでしょう。

寝る前にストレッチを行う

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%81

3つ目に寝る前にストレッチを行うようにしてみてください。

 

ストレッチをすると血流を良くなり体温が程よく上がるので、寝付きを良くする効果が期待できます。

 

また副交感神経が優位になって、より良質な睡眠が取れるとも言われています。

 

寝る10分前に首筋や体側を伸ばしたり、足を揉んだりすることをオススメします!

寝具を眠りやすいものに変える

4つ目に寝具を眠りやすいものに変えるのも効果的な手になります。

変えるものとしては、以下のものが挙げられます。

まず真っ先に変えることを検討してもらいたいのは枕になります。

 

一番良いのは、オーダーメイドの枕を作ってもらうことですが、

  • 値段が高い
  • 手間がかかる

など大変だと感じる方もいると思います。

 

そんな方は多くの方が熟睡することに成功している六角脳枕を試してみると良いでしょう。

六角脳枕

この商品には返金保障もありますので、万が一頭にフィットしなかった場合を考えても安心して試すことができます。

掛け布団

次に枕だけで熟睡できない方は、思い切って掛け布団も変えてみてください。

 

おすすめは「陽だまりの休息」掛布団です。

陽だまりの休息

この掛け布団に変えることで、

  • 体が暖まってリラックスできる
  • 肌触りが良く、体に馴染む
  • ダニによるかゆみがなくなる

などの効果が得られるので、熟睡できる可能性がグッと高まります。

 

枕を変えても熟睡できない方は、掛け布団が合っているかどうかも気にするようにしてみてください。

どうしても眠れない方はサプリを試してみよう!

ここまでのことをやっても眠れない方は、

サプリメント

をうまく取り入れてみてください。

 

おすすめはグッドナイト27000というサプリです。

グッドナイト 夜

このサプリには

  • 休息をサポートするアミノ酸
    • テアニン
    • グリシン
    • GABA
    • トリプトファン
  • リラックス効果をもたらす植物
    • ラフマ
    • カモミール
  • みるくリラックスペプチド
    • ラクティウム

が配合されており、自然の力で眠りやすい状態に導いてくれます。

 

サプリは睡眠薬と違い、
あくまでも食品なので、
安心して飲むことができます。

 

これを飲んで一気に眠れるようになったという方も多いので、
眠れない方は是非一度チェックしてみてください。

まとめ

以上、睡眠の質を高めて、睡眠ダイエットを実践する方法を紹介しました。

 

睡眠ダイエットは、実際に研究により効果が実証されているダイエット方法で、
アメリカのマイケル・ブルース博士が行なった実験では、
毎日7.5時間、質の良い睡眠をとった被験者は10週間で1.5~8kg痩せたそうです。

 

普段軽視しがちな睡眠ですが一度生活を見直して、しっかり睡眠時間を確保してみてはいかがでしょうか?

あわせて読まれている人気記事

口コミで高評価のダイエット食品

酵水素328選 生サプリ

たんぽぽの二人が10キロ以上のダイエットに成功した生酵素サプリ

328種類の生酵素、水素パウダー、沖縄黒糖を配合

タレントの橋本マナミさん、AKINAさんも愛用中

初回3142円(いつでも解約OKの定期コース)

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

ぺこが10キロのダイエットに成功したフルーツ青汁

4種の国産青汁原料、181種の酵素、3種の美容成分を配合

1食11.7kcalなのに甘いフルーツ味

初回680円(5回以上の継続が条件)、全額返金保証あり

マイブレイク レッドスムージー

くみっきー(舟山久美子)プロデュースのレッドスムージー

230種類の酵素、150億個の乳酸菌、チアシード配合

1杯19.8kcalでバナナヨーグルト味

初回980円(いつでも解約OKの定期コース)、全額返金保証あり

-生活習慣

Copyright© ダイエット方法集 , 2017 AllRights Reserved.